上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2枚目の名刺というNPOを創ってちょうど1年くらいが過ぎました。

オックスフォードのYo!Sushiで同期で話をしていた頃、なんでもできそうな気がしてたあの頃の話です。
コアメンバーは3人いて、1人はアイルランド発祥のNPO活動で、もう1人の今一緒に共同代表をやってる彼はアジアのある国の商工会議所で、自分はオックスフォードにあるNPOと活動したことが、2枚目の名刺のコンセプトとなりました。

当時は、“プロボノ”なんて言葉や概念は全く知らず、MBAのSCP(Strategic Cosulting Prj)のスキームを日本でもやりたいねということで始まっています。

いつの間にか多くの優秀で活動的でユニークな仲間たちが輪が広がるように増えていき、今は40名ほどが所属しているのではないかと思います。それにしてもバイタリティーがあって私よりも遥かに躍動的です。かなり助けてもらっています。第一線で活躍している人はなんか違う引き出しもあって今までとは異なる世界にいられます。

ここはある意味で、社会人になったけれどもう一度自由な自分に戻れる場所、だと思います。手を挙げてイニシアチブを発揮し新しいプロジェクトを動かしていく自由度と実現へのリソースが溢れており、気概ある人にとってはとても居心地が良いかもしれません。

さて、これからをそろそろ考えなければいけないかもしれません。 

自省の場として、自己発見の場として、既存の“NPO常識”への反旗を忘れずにしないといけません。

self-spporting / sustainable / accountable

オックスフォードのSkoll Centre 講義から学んで納得した柱たちを自分たちが見失わないよう判断しないといけません。

ビジネスとNPOの違いは、それほど大きな違いではないのです。

自分もそろそろ自分のやりたいサポート先のプロジェクト旗揚げもしたいです。

とにかく仲間に恵まれています。 感謝の心を忘れないようにしないといけません。

自分のこともいいけれど、仲間がやりたいことをできるインフラ整備もしっかりやらないといけません。

2枚目、2枚目。

私や今のメンバーやオックスフォードの立ち上げメンバーもいつかこの箱からいなくなると思います。

“引き際は侍のように” 敬愛する大先輩のお言葉です。

それはどこの組織も同じですがそうなるわけです。そんなときにも持続的にいられるよう、やはりインフラ整備に注力した方がよさそうです。

phot_4.jpg
2010.12.15 Wed l 未分類 l top


DSC02910.jpg

DSC02965.jpg


2010.09.09 Thu l 未分類 l top
先々月に行ったフロリダのユニバーサルスタジオ。

DSC01991.jpg

すごい躍動的というかアグレッシブというか動きが早くて色々なコンテンツが登場しています。

DSC02028.jpg

ロンドンウエストエンドがミュージカルのメッカであれば、オーランドはテーマパークのメッカです。

DSC01988.jpg

集まれば強くなります。
2010.08.05 Thu l 未分類 l top
二枚目の名刺というNPOをオックスフォード同期と立ち上げ、朝日新聞社説に取り上げて頂くことができました。

二枚目の名刺

ブログに書いていたイギリスのNPOへのコンサル経験をお互いオックスフォードの回転寿し屋さんで話していて、おもいついたスキームです。(プロボノなんて言葉、恥ずかしいことに知りませんでした笑)

イギリスではCICという形態があったり、社会人のキャリアにおいて営利、非営利組織の行き来が普通だったり、またNPOでも年収1000万円がいたり(しっかり組織経営をし社会インパクトを出せるプロフェッショナルには対価を払い、さらに人材を引き寄せる)、日本が参考にできる箇所もあります。

帰国した九月から三ヶ月間は、色々な企業、官庁、組織をまわり、そういえば大阪まで日帰りで行ったりもしてました。

さてまだまだ始まりです。

自分が変わる、社会が変わる、日本が変わる、笑顔になる!

すれちがったときに目が合うだけでニコリとできるイギリスの街のように、みんなでとにかく動き出しています。

photo_22.jpg
2010.07.28 Wed l 未分類 l top
今、心はとても落ち着いている。

一度きりの人生で、現時点の私にとってこの上ない場所で、素晴らしい仲間とプロフェッショナルの仕事が出来る。

この数年は将来の基盤となり、人生の方向を大きく変化させる時間になるだろう。

今は過去を振り返るよりも、自分の意志と行動で変えることが出来る未来に、意識が集中している。

私は私の人生のオーナーシップを握りたい。

変化は自ら起こさなければならない。安住が個の正しいことを正しくする意識を希薄化させていく。変化は進化だ。

あと数年で大きな潮流の変化があると感じている、と以前書いた。

変化についていける一人の個になるまで、この旅立ちは新しい挑戦である。

夢を持ち、疑わずに立ち向かい続けよう。

人生は一度きりだから、疑念・恐怖・不信の世界に労力を使うのではなく、よりよい場所へ自分を連れて行くことに没頭しよう。

戻れる場所や仲間がいることに感謝をし、旅を続けよう。

できる。自分を信じる。

photo77.jpg
2010.07.16 Fri l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。