上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
あの夏ではなくこの夏なのに、もう過去形で“美しかった”と書いてしまうのは、心のどこかで終わりを確実に意識しているからだと思います。

この1年、緑豊かな街で生活をしました。

冬の朝靄、夜の霧、生い茂る芝生、落ち葉の秋、16年ぶりの大雪の白い世界、自然がすぐそばに感じられる、というか感じられる余裕があったと言った方が良いのでしょうか、空が淡々と動いていく様子を図書館で眺めながら、ふと我に返るとき、風が吹き木の実が落ちる音が聞こえてきた中庭、自然に感覚を傾ける機会が本当に多かった。

あの夏、空はこんなに美しかった。 いつかこれを見返す自分に言っています。
立ち止まり空を見上げるくらいの時間はどこにいても取れるはずです。

P8224201-1.jpg

←拍手
スポンサーサイト
2009.08.31 Mon l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。