上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
JETROによればインドはGDP成長率6.7%、消費者物価上昇率9.1%。道路には整備された車やビル群が増えたような気がする。(というかこういうところに注目するように自分がなっただけかも)

P8073879.jpg

けれども変わらないことの方がまだまだ多い。
信号待ちの車の窓ガラスを叩いて小銭をせがむ人々、いまにも崩壊しそうな建物、クラクションが鳴り響き人も自動車も関係なく交錯する街並み。
(駐在員の友達が“インドにおける交通渋滞は深刻な社会問題の一つとなっている。”と大変真面目な顔をしてオチもないことを言っていましたが、道を他人に譲るという概念がほとんどないこの国の住人には、当分解消出来ない問題でしょう。信号もありましたが、“赤=止まれ、黄=注意、青=進め”という看板が信号の横にあり、まだまだ啓蒙段階に入ったばかりかと。インドにおける交通渋滞は深刻な社会問題の一つとなっております。だってさ?。)

P8083931.jpg

インドのナショナルスター企業の一つ、キングフィッシャー。いまや飛行機も飛ばすポートフォリオとなった多角化経営企業。インドのような経済発展段階においては、国として大々的にスター企業を作るべく、多くのルールを有利に仕向け、国の経済発展の核の一つとしていく戦略かな。たしか小売と不動産とあと何かの産業への参入障壁がめちゃくちゃ高いマーケットとインド人クラスメイトが言っていました。

P8073899.jpg

駐在員の友達に運転手さん付きの日本車4WDで連れて行ってもらった(全行程、この車のお世話になりました、へへへ)中流階級の最新スポット=ショッピングモール。これにはビックリでした。オックスフォードにもこんな巨大モールはありません。いや?変化をまざまざと見せ付けられました。

P8094055.jpg

もはやモールの中は別世界。ただしモールに入るにはボディーチェックがあります。
P8094069.jpg
P8094070.jpg

ライトアップされたインドゲート。ライトはアップされるが、道端で寝転がる人々へのダウンライトは輝かない。(ってうまいこと言おうとしたけど、言えてない)

P8083901.jpg

かといって道端で寝転がるのが不幸なことと言い切れるかも別問題。良い悪いは指標によって異なるから、自分の指標では悪くても、もう一つの指標では自分の方が悪いのかもしれない。
問題は確実にマクロ環境の変化が押し寄せていてどんな生活を継続するにも、前提が変化していること。変化を余儀なくされるから、大きな波に乗り遅れて現状を継続できなくなる可能性が生じる。自分が望んでいない変化でも、その波は確実に到来してきた。

←拍手
スポンサーサイト
2009.08.12 Wed l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。