上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
終わりだなんて信じられない。 実感はまるでない。 誰か他人のことのよう。

ヒースローへ向かうバスの中でだって、いつもここから出掛けて帰ってきたヨーロッパ旅行のように、また戻ってくるのだろうという気持ちだろうし、飛行機のシートに座ってもきっとそう思うだろう。

けれど一方で理解はしている。 終わりというものがやってきたということを。

卒業式の後、それぞれ別の帰り道へと歩いていった友人たちが、それほど深く感傷的にならない姿を見て思った。

世界は本当に近く、垣根やハードルは自分が勝手に思い込んでいるだけなのだと。 
"Good bye"と"See you again"の、"さようなら"と"また会おう"の違いは、ただただ自分が思い決断し、そして動くかどうかだけのことであると。


さて何を言えばいいだろう。

P1010045.jpg

まず何よりも感謝だと思う。 ありがとう。本当にありがとう。ありがとう。

P1131163.jpg

旅に例えて言うならばここは次の目的地へ向かう途中のちょっとした安息の地であったのだろうか。
P8023861g.jpg

それとも試練はだかる山の岸壁であったのであろうか。
PA030662.jpg

社会人になり5年が過ぎ、イギリスへ留学をした。
P7063632.jpg

そこでは今まで見ようとも思わなかった世界が広がり、この場所の“当然”を当然として、そして凛と力強く生き抜いていく仲間がいた。
P6203522.jpg

秋のすがすがしさ。
PA280677.jpg

冬の落ち着きと暖かさ。
P2051059.jpg
PB271173.jpg

花々が咲き誇り、果てしなく続くかのような青空の夏がそこにはあった。
P6073351.jpg

そして卒業。
090912_Oxford_MBA_Ceremony_081.jpg
090912_Oxford_MBA_Ceremony_114.jpg

たしかにイギリスらしい風土に触れ、大切な本質を見据え続けることになった。
PC110495.jpg

激しく頭を使い、燃え尽きるようにして眠りについた。
PB040794-1.jpg

成果なんて目に見えるものではないし振りかざすものでもない。
P1311060.jpg

MBAは取得よりも経験。そう思うから安易にMBAは語れないし語るものでもない。
P3051449.jpg

アメリカ、ギリシア、フランス、ベルギー、イタリア、スペイン、オーストリア、スイス、インド、香港、イギリス。旅に向かわせる衝動は尽きることを知らない。そして思い出したもの。自分の中の果てぬ好奇心。
P3141505.jpg

やりたいことは今動かなければいつまでも“やりたい”こと。
P3251559.jpg

少しでも思いがあれば自分を鼓舞し続けること。
P3291508.jpg

他人の評価ではなく、自分への納得。
P5012996-1.jpg

変わるものは多々ある。その波に流されず誇りをもって貫くこと。
P4031775.jpg

そうだ、変わるのは自分であり、変えるのも自分だ。
P5173092.jpg

忘れてはいけないことを取り戻した。
P2171177.jpg

結果は変えることが出来る。それは自分の努力と責任によってだ。
P5293299.jpg

自分の可能性を自分で狭めるのではなく、大きな視野で世界を見続けよう。
P6253617.jpg

泰然自若とした平常心と尽きることない好奇心を持って立ち向かおう。
P6253659.jpg

他を思いやるジェントルマンと武士道の気質を携え、上品に大胆に、溢れる熱意で鼓舞しよう。
P6273608.jpg

妥協をせず、正しいと思うことを正しく実践するために突き進もう。
P7243808f.jpg

だからこそ落ち着いてはいけない、旅を続けなくてはならない。
P6253600-1.jpg

そうだ、次の落ち着く場所を探そう。世界は意外と近いことに、もう気付いているだろう?
P1241086-2.jpg

また新しい朝がやってきたことに感謝をし、旅を続けよう。
P7253812.jpg

そばで支えてくれる人がいることに感謝をし、旅を続けよう。
P8023855j.jpg

遠くで見守ってくれる人がいることに感謝をし、旅を続けよう。
P7253828c.jpg

尽き果てぬ旅の終わりでさえまだ旅の途中であろう。後世へ継承し続けなくてはならない本質があるからだ。
P8023863h.jpg


オックスフォードMBA留学記。


またここから旅に出よう。

終わりは必ずやってくる。それは新しい始まりでもある。

別れの悲しさで涙が溢れてきたとしても、最後は笑顔で前を向いて歩き続けるんだ。

思い悩んだら思い出せばいい。

オックスフォードという街で出会った仲間の笑顔を、全ての四季の全てのシーンの全ての思い出を、そして愛する家族・親友・先輩・先生・その他多くの共鳴し合える仲間の存在を。

“正しいことを正しくするために、今も旅を続けていますか?”

50年後の自分にも問い続けなければならないことがある。

そして自分には夢がある。 そうだ、夢がある。 夢がある。 

だからこの居心地の良いオックスフォードから、今日去るのだ。 

そしてこの一歩を、これからの人生でも踏み出し続けるのだ。

オックスフォードを卒業していった数々の先輩たちのように、この生き方こそがここで学んだことなのだ。


オックスフォードMBA留学記。


そろそろ終わりがきたようです。

これからどこか旅の途中でお会いできることを楽しみにしながら、しばしのお別れです。

またどこか新しい場所に落ち着く場所を見つけたら、続きを書き始めようと思います。

ありがとうございました、みなさんのおかげです。

じゃあ、、、、、

、、、、、、、、またね。

2009年9月15日 英国オックスフォードにて Yas
スポンサーサイト
2009.09.15 Tue l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。