上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
カラカラ浴場。
P4011565.jpg


今は朽ち果てた遺跡となっている。
P4011558-1.jpg
P4011556-1.jpg

当時はこのように繁栄を遂げた一大建造物であったそうです。
P4011557-1.jpg


そう、それはアン女王が過ごした儚くも夢のようなローマの休日。
P4011569-1.jpg


コロッセオも全てを剥がされ、
P4011585.jpg
スペイン広場でジェラードを食べるオードリー・ヘップバーンは、悲しいことにもうこの世界にいない。
P4011601.jpg
P4011575.jpg

けれど残り続け、受け継がれ、感動させ続ける。ドゥオーモは何度夕陽の後に朝陽を迎えただろうか。
P4041835-1.jpg


サン・ピエトロ大聖堂は何人の人々を迎え入れただろうか。
P4021680.jpg


街が人を包み、人が街に息吹を与える。その繰り返し。絵画/建築/彫刻/音楽/詩歌。
P4021742-1.jpg

P4021720-1.jpg



日常の中に流線型の鋭いアルファロメオが潜む。警察の車もこれでよい。それは街の一部だから。
P4011625-1.jpg


戦争のない平和な世界にしよう。そこでは文化が生まれ人々は感動に奮い立ち、幸せを分かち合う。
P4021667.jpg

後世の人類にもpass them on しなければならない。それが義務。発展をしなくてはいけないわけではなく、維持をすることも難しいのだから。だからこそ為政者の感性が試されているのだと思います。

←拍手
スポンサーサイト
2009.04.17 Fri l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。