上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前エダマメという和食屋について書きましたが、先日日本人MBA同期で利用した際、声が大きいやら早く席を空けろと言われ、日本らしくないホスピタリティーを受けましたのでもう利用しないことにしています笑。(きっと店内が狭いかつ営業時間を絞って固定費を削減しているため、座席の回転率を上げることで利益を伸ばす構造なのでしょう。)

そこで最近多く利用しているのがタイ料理屋。

ここのおばちゃんは道で自転車に乗っていても気さくに声を掛けてくれるいい人です。
(当初、自分のことをタイ人だと思っていたおばちゃんが、自分にタイ語でめちゃくちゃ笑顔で話しかけてきて以来、仲が良くなりました笑)

グリーンカレーも美味しいですが、やはりパッタイ(エビ)5.5ポンドがおススメです。

P3251577.jpg

今週はテスト期間ということもあり図書館に滞在する時間が長かったため、ビジネススクールの近くにあるこのお店で週3でランチのお世話になりました。

あとはYo!Sushiというイギリスの人が始めた回転寿司も自分は好きです。コロッケやカツ、餃子やテンプラも充実しており、ミソスープは飲み放題。タコやイクラまであります。とくにハイテクの日本と寿司の日本が重なる回転寿司は、MBAのクラスメイトたちも楽しめる、よい文化交流の場所となっています。

PC190536.jpg

その他にもビジネススクールの目の前にある中華屋のあんかけ焼きそばと、通りを少し行った所にある韓国料理屋、インドのカレー、そして点心が安く頂ける中華屋、夜になるとどこからともなく現れるケバブワゴンが点在しており、インターナショナルな食事を楽しむことが出来ます。

イギリスの料理は、、、パブで大概のイギリス伝統料理を頂くことが出来ますが、最近パブに足を踏み入れておらず、休みに入ったら再訪してみようと思います。また、意外とカレッジのフォーマルディナーでローストビーフ等の英国料理を味わえます。

ということでエダマメはもう行かない一方で、日本の和民や夢庵あたりのチェーンがイギリスにきたら、かなりいけるのではないかとも思います。現在のイギリスには、ビジネス用の高級和食屋がロンドンに数多くあり、エダマメのようなオーナー小料理屋があり、その中間になるようなものが存在していません。と、このように色々なビジネスアイデアが日々頭の中を駆け巡るのもMBAの良いところかもしれません。あ?お腹すいた

←拍手
スポンサーサイト
2009.03.29 Sun l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。