上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2007年度のJ1クラブの平均純利益、いくらだと思いますか?

なんとたった8百万円。 これにはとても驚きました。(少しショック)

横浜FCは赤字1.5億円超、FC東京も2億円超の赤字です。
約80億円と収入が多い浦和でもコストが77億円かかっており、純利益段階ではたった62百万円。
1年だけの諸表だけで判断するのも難しいですが、かなり厳しい経営状況が窺えます。
鹿島の純利益がJ1では最高ですが、それでも162百万円。
J1総収入も588億円と実はそれほど大きな額ではなかったことに気がつきました。

日本のサッカークラブビジネスの収入源は大きく3つ。
簡単に言えば箱物ビジネスでキャパシティーのどこまで入れられるか(チケット収入)、
広告をどこまで獲得できるか(広告収入)、そしてJリーグからの分配金です。

サッカークラブは地域に大きな影響を持っており、一つのチームが解散することは多大な影響を与えるでしょう。鹿島にしてもアントラーズの存在が、地域・観光・教育・市税収・商業などなどと大きなパワーを持っているわけです。例えばアントラーズがJリーグに参加したとき、鹿島の多くの暴走族がそのエネルギーをサポーター活動へ転化させました。子供の頃からスポーツを通じた健全な生育環境が整い、サッカーをツールとした教育が受け入れられました。古くからある鹿島神宮や鹿島灘の海岸にスポットが当たり観光が産業となり、夜は真っ暗だった田んぼ道がしっかりと整備されました。(それはそれで自然がなくならないようなやり方が必要ですが)

業界のしがらみとか良く分からない部分がありそうですが、一つのクラブ経営を通した社会貢献というJリーグ百年構想は共感できるものですし、とても興味があるビジネス分野の一つです。

何はともあれ、今年初のタイトル(ゼロックススーパーカップ)でアントラーズ優勝、よし!
20090228-00000019-jijp-spo-view-000.jpg
スポンサーサイト
2009.03.01 Sun l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。