上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
まだ来週も新たに1科目の授業がありますが、19科目の講義のうちで最も勉強になった科目たちを振り返ってみます。
(結局、自分の関心領域が鮮明になったということの裏返しなのですが。)

1.Developing Effective Managers -Leading individuals and groups effectively
2.Leading Strategic Change
3.Customer Insights /Social Entreprenurship

そしてFinancial Reportingは芯がある授業で本当に学んだ気がする好きな授業の一つでした。

結局、ビジネスにしろ事業にしろプロジェクトにしろプログラムにしても、人が関わりその過程で世の中にポジティブな成果を出していくので、peopleという要素は外せません。

幼稚園の頃、社宅の庭で自分より下の子供たちと基地を作る企画、
小学生の頃、クラスメイトを連れて羽根木公園のプールや向丘遊園地のアイススケートへ行く企画、
中学生の頃、友達に声掛けをして毎年自分たちだけでスキー旅行へ行く企画、
高校生の頃、フランクフルト屋の屋台商売の企画、
大学生の頃、来場者1000名を集めたオープンキャンパスの企画、
社会人の頃、忘れもしない2つのプロジェクト、

?自ら考えたことが、多くの仲間と課題を解決していくことで、目の前に現実の形として展開され、それを喜ぶ人たちがいて、その満足感はお金では買えないものだとわかった。一方で、もっと上手く回していくにはどうすればいいのか、1企画を1ビジネスに置き換えれば会社になる。

どうすれば上手くいくのか、どうすればリーダーとして企画を成功へ導けるのか、どうすれば衰退していく事業体をターンアラウンドさせサステイナブルに継続させていくことが出来るのか、どのような意思決定をどのような仕組みで行うべきか、メンバーの心を読みながらチームを率いて目標に達成させるにはどのようにすればよいか、どうすれば他人事ではなく自ら納得をしてその企画(ビジネス)のために本領を発揮してくれるのか、、、

といったことを考えていると、ファイナンスやマーケティングといったツールよりも、自分の中の関心は、組織行動、リーダーシップ、チーム、人(motivaton・involvment・sympathy)、それらを可能とする戦略・インフラになってくるのだと感じます。

この1年間で、short-term goal と long-term goal は変わりました。

MBA最後の夏、もう少しだけ許される自由な時間の中で、ゆっくりと深く考えながら、次の一歩を踏み出そうと思います。自分の中では漸く、キャリアというものを構築する用意が出来てきた気がします。

P2171189.jpg

←拍手
スポンサーサイト
2009.07.10 Fri l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。