上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日のクラスはGlobal StrategyとDeveloping Effective Managers。

DEMでは多くの事象をその背後にある人間の心理的側面と組織、個人の関係から読み解く訓練のようです。例えば今日のケースは、Barings(金融)の倒産に関するある個人の行動とその他マネジメントの責任、そして“組織の責任”というものを考えさせるものでした。
評価制度が悪いからとか、システムの責任とかいうものは、個人の責任と統合されて考えるべきものであり、それが独立して諸悪の根源となることは責任逃れに他ならないというメッセージ。たしかによく考えれば、制度は誰かによって判断されているものだし、監督責任というものがあるからこそ監督する人の待遇が良いわけです。また1企業の倒産に導いたある個人の行動がどのような背景でそうさせたか、例えば過信・エクセレーション(どんどん過度に行動し始める)・支配欲・バイアスなどにフォーカスを当てます。とても実務的で多くの場面を想像しながら考えさせられるクラスです。

Global Strategyは戦略におけるnon-market factorsの重要性に焦点を当てます。今回のケースはGoogle in Chinaでグーグルが中国進出した際の検閲問題と進出戦略の再考です。他にもドイツ企業の特性とクラスターの利点など世界の様々な地域をケースとしてカバーするクラスで今後も楽しみです。また、クラスメイトもその地域出身の学生がいるため、より現実的な発言を聞くことが出来ます。
日本企業のケースもありますが、狭いクラスにおいては“自分の発言=日本を代表した発言”と受け止められてしまうので(時間がない学生なのでそこまで深く自分で当該地域のことを調べないですし、クラスメイトの発言を正しい情報として信じる傾向があるので)、しっかりとお伝えできるよう頑張ります。

クラス参加条件として求められる、事前の読書量が昨学期よりも急激に増えました。最新記事をどんどん教えてくれるのはいいのですが、1記事20ページを5つ&テキスト30ページ&ケース15ページをたった1つのクラス前に読み込んで自分の考えを整理しておかなければなりません。しかもクラスなんて3時間もすれば終わるので、こんなに読んだのにもう終わり?ってなんだか切ないものです。
自分のタイムマネジメントが試される学期になりそうです。

全然関係ないですがMBA友達の日本人家庭で鍋をご馳走になりました!季節の食材を食べられるなんて日本にいるときは立ち止まらずにちゃんと感謝していなかった気がしますが、こうした何気ない日常の場面場面を当たり前のものと思わず、しっかりと感謝したいと思います。
&そのご家庭にお二人お子様がいるのですが、飛び跳ねて遊んでいる兄妹を見て、“あっ少し前は自分たちが大人たちと遊んでもらってたのに今はその大人の立場になってる”ということに気づき、ハッとしてしまいました。やっぱり子供たちには、夢と魔法を信じて未来を担えるそんな社会基盤を残してあげなければいけないんだと思います。

PB140926.jpg
スポンサーサイト
2009.01.19 Mon l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。