上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
エーゲ海を挟んでトルコなので少しトルコ色が強いかも。ケバブのような焼き物も名産らしい。エビ大好き。
PC230643.jpg
ギリシャの地酒、OOZO(?).水を入れるとシュワっと白濁する不思議なお酒。ただしアルコールが強すぎて一口で終了。
PC230642.jpg


1都市しか訪れていないのですが、文明の遺産の中で少し取り残された雰囲気があるけれど、ギリシャはとても静かで日光みたいな感じでよいところでした。あっ思い出しましたが、犬と猫が異様に多かった、なんでだろう?インドの牛みたいに聖なる動物に認定されているのかな。
PC210567.jpg


けれどヒースロー空港に戻ってきたとき、イギリスってやっぱり落ち着いていいなと素直に感じてしまいます。ギリシャ語よりも英語に慣れているからかもしれませんしここに住んでいるからかもしれませんが、大きなものは“bless you”の空気です。
くしゃみをしたときに“bless you”と近くの人がそっと言ってくれたり、目が合うとニコッとしてくれたり、ドアは後ろの人のためにあけて持ってくれていたり、スーパーのレジの人がメリークリスマスと一言付け足したり、なんだかこの“知らない人でも同じ人間コミュニティー”の空気がとても落ち着くのです。
もちろんお店が夕方の5時に閉まったり、事務手続きのメールを書いても返信が2週間後だったりと、ソワソワなところはありますが最近はそれが逆にいいんじゃないか、せかせかしすぎず大切なものはしっかり胸に持って生きられるんじゃないか、と思うようになっています。

日本からヒースローについた昔と、ギリシャからヒースローについた今で確実に違うとハッと気づかされたことは、イギリスが居心地の良い場所になっているという嬉しい感情です。
そうだ、居心地の良い場所を飛び出せば、新しくもう一つ居心地の良い場所を持つことが出来るんだ。out of my safety の一つの嬉しい答えに出会えた気もします。
来学期の始まりにクラスメイトと再会するとき、彼/彼女たちはもう自分の居心地の良い人たちになっているはずです。自分もクラスメイトたちにとって居心地の良い人であれるよう、しっかりクラスに貢献できるよう、甘えず頑張らないと。。。となぜかリラックスの旅で最後に感じた気持ちです。


↓これはギリシャの街並み。エーゲ海の方には行けてないのでまたいつか暖かい季節にでも。
PC220637.jpg
スポンサーサイト
2008.12.23 Tue l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。