上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
なんとオレンジジュースのビンが毛糸の帽子をかぶっているじゃないですか!?

PB201006.jpg

よく読んでみると、この商品1つを買うと、ホームレスの方々や経済的に恵まれていない人たちへ暖かい毛糸の帽子が一つプレゼントされるそうです。

うわべのPRかもしれませんが(もっといいのはこのジュース自体を製造・販売することが、関係する全てのステークホルダーにとって社会にとって害がないこと)、“めくって当たると100万円!”とかそういうエゴや安易で快楽的な生き方を煽るようなものではなく、どうせやるならこちらの方面でいくのがいいと思うのです。
胸を張って自分の仕事を誇りに思える、そんなビジネスで世の中が溢れれば、働いている人も働いで出来たモノを供与される人も、みんないい気分だと思うのです。

緑が多く歴史的な建造物に囲まれ、夜になればみんな家でリラックスすることが出来る、ときどき事務手続きの遅さにイライラするけれど、そんな帰り道にふと上を見上げるとガーゴイルの彫刻が堂々とこっちを見据えていて、“そんなことは許容して大きなことを考えなさい”と迫ってくる。そんなとき、感謝の念にかられます。そうですね、こんな日々は(MBA留学は絶対に)二度とない毎日だし、宿題とか授業とか色々ありますが、これは恵まれたひと時の時間であることを忘れることなく、基本的なスタンスはやっぱり感謝です。
東京のネオンサインの中で、人間として正しい判断基準が培うことはとても難しいんじゃないかと思うのです。だからこそ、オックスフォードはビジネスを深く考える上で最適の場所だと思うし、オックスフォードがロンドンと少し距離を置きつつも英国全体に多大なる影響を与えている現在の姿は、日本にとっても理想的な関係だと思います。(日本だとどこになるんだろう、筑波とかが大学都市なのかな。)
スポンサーサイト
2009.01.26 Mon l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。