上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
毎日午前200分or午後200分、または一日ぶっ通しで2コマの授業に出ます。
234名が3つのクラスに分かれるので、1クラス70人くらいです。

自分の名前が書かれたプレートを座席の前に立てかけて、これはもう戦いです。

教室の写真。
先生は生徒と対話をしながら授業を進めます。もちろん講義資料は全部イントラネットで閲覧可能ですし、古びた教科書のフレームワークではなく、常に業界最前線の情報をどんどんインプットしていきます。
PB040794-1.jpg

こちらで生活してもうすぐ3ヶ月。物怖じしないというか、このクラスに世界49カ国から集まってきていると思うと、ここで出来ればなんとでもなる!と思えるようになりました。
もう世界の一番先端で引っ張ってきている人がたくさんいて、“社長の子息”だったらタイ最大企業200社集団の家族経営御曹司、“TV制会社経営者”であればエミー賞候補に3年連続でなっている会社、“スポーツアスリート”であれば北京オリンピックメダリスト、“社会起業家”なら去年の英国社会起業家大賞受賞者なのです。
(と考えると自分が貢献できているか大変不安ですが笑)

ここを自分の基準にすれば、胸を張って正しいことを正しくできるのではないかと思えるようになりました。
実は今まで正しい”の基準が曖昧だった気がしていたので。

(なんて真面目っぽいこといいながら、図書館でこっそり友達に写真撮ってもらいました、ヒヒッ!)
PB100877.jpg

やっぱり日本は程よい”距離を置き過ぎな感じがします。
BBCで日本のニュースは滅多に観ませんし、もう引退した国のように捉えられています。

言葉で表現するのは難しいのですが、確実に既存の枠組みが崩壊しました。
かといって芯の部分はまるで揺らがないどころか、逆にオックスフォードMBAで強められています。
(それはsocial entreに代表される、“Buiness for what? Profit for what? Me, for what?”の部分です)

世界中に仲間が出来ています。みんなYou should come to my home, right?”と言います。
きっと本当に彼/彼女らも東京へ遊びに来るんだと思います。
(ここの人たちは、距離なんてひょいっと飛び越えて行動してしまうのです、これは驚きます。)

いつも彼/彼女たちに見られていると思うと気が抜けません。ピシャリです。
20代でこんなにドラマティックな経験をさせて頂き、感謝です。ご両親、ありがとうございます。
そして日々ありがとうございmimiます。
スポンサーサイト
2008.11.12 Wed l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。