上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
“まずは手信号を覚えたほうがいいよ。”

イギリスで自転車は歩道を走れません。つまり、車道を車と同じように走るわけです。
そのため、右折・左折時には右手・左手を横に出して、後ろの車に合図を出します。
はじめは恐ろしくて自転車に乗るのに億劫でしたが、今はとても快適です。

Oxford University Parkの横を緑に囲まれながら進み、、、
PA080711.jpg

シェルドニアン・シアターと呼ばれる歴史っぽい建物の横をすぎて、、、
PA080702.jpg

学校に着きます。
PA110750-1.jpg

家からは15分くらいで到着です。朝の誰もいないオックスフォードの街並みは最高です。

日本では放置自転車が問題になりますが、ここでは自転車を放置した10分後にはもうないと思います。
鉄パイプのようなものが地面に添え付けられているところを探すか、鉄製の柵にくくりつけるかしないと、自転車はとられてしまいます。なので自転車を停める場所探しに苦労しますが、一方で放置自転車問題なんて存在しません。
中古自転車市場が確立されているイギリスと、自転車は新品!な日本との需要の違いかもしれません。
(オックスフォードで放置されて紛失した自転車は中古販売に回っている気がします。)
スポンサーサイト
2008.10.19 Sun l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。