上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
終わりだなんて信じられない。 実感はまるでない。 誰か他人のことのよう。

ヒースローへ向かうバスの中でだって、いつもここから出掛けて帰ってきたヨーロッパ旅行のように、また戻ってくるのだろうという気持ちだろうし、飛行機のシートに座ってもきっとそう思うだろう。

けれど一方で理解はしている。 終わりというものがやってきたということを。

卒業式の後、それぞれ別の帰り道へと歩いていった友人たちが、それほど深く感傷的にならない姿を見て思った。

世界は本当に近く、垣根やハードルは自分が勝手に思い込んでいるだけなのだと。 
"Good bye"と"See you again"の、"さようなら"と"また会おう"の違いは、ただただ自分が思い決断し、そして動くかどうかだけのことであると。


さて何を言えばいいだろう。

P1010045.jpg

まず何よりも感謝だと思う。 ありがとう。本当にありがとう。ありがとう。

P1131163.jpg

旅に例えて言うならばここは次の目的地へ向かう途中のちょっとした安息の地であったのだろうか。
P8023861g.jpg

それとも試練はだかる山の岸壁であったのであろうか。
PA030662.jpg

社会人になり5年が過ぎ、イギリスへ留学をした。
P7063632.jpg

そこでは今まで見ようとも思わなかった世界が広がり、この場所の“当然”を当然として、そして凛と力強く生き抜いていく仲間がいた。
P6203522.jpg

秋のすがすがしさ。
PA280677.jpg

冬の落ち着きと暖かさ。
P2051059.jpg
PB271173.jpg

花々が咲き誇り、果てしなく続くかのような青空の夏がそこにはあった。
P6073351.jpg

そして卒業。
090912_Oxford_MBA_Ceremony_081.jpg
090912_Oxford_MBA_Ceremony_114.jpg

たしかにイギリスらしい風土に触れ、大切な本質を見据え続けることになった。
PC110495.jpg

激しく頭を使い、燃え尽きるようにして眠りについた。
PB040794-1.jpg

成果なんて目に見えるものではないし振りかざすものでもない。
P1311060.jpg

MBAは取得よりも経験。そう思うから安易にMBAは語れないし語るものでもない。
P3051449.jpg

アメリカ、ギリシア、フランス、ベルギー、イタリア、スペイン、オーストリア、スイス、インド、香港、イギリス。旅に向かわせる衝動は尽きることを知らない。そして思い出したもの。自分の中の果てぬ好奇心。
P3141505.jpg

やりたいことは今動かなければいつまでも“やりたい”こと。
P3251559.jpg

少しでも思いがあれば自分を鼓舞し続けること。
P3291508.jpg

他人の評価ではなく、自分への納得。
P5012996-1.jpg

変わるものは多々ある。その波に流されず誇りをもって貫くこと。
P4031775.jpg

そうだ、変わるのは自分であり、変えるのも自分だ。
P5173092.jpg

忘れてはいけないことを取り戻した。
P2171177.jpg

結果は変えることが出来る。それは自分の努力と責任によってだ。
P5293299.jpg

自分の可能性を自分で狭めるのではなく、大きな視野で世界を見続けよう。
P6253617.jpg

泰然自若とした平常心と尽きることない好奇心を持って立ち向かおう。
P6253659.jpg

他を思いやるジェントルマンと武士道の気質を携え、上品に大胆に、溢れる熱意で鼓舞しよう。
P6273608.jpg

妥協をせず、正しいと思うことを正しく実践するために突き進もう。
P7243808f.jpg

だからこそ落ち着いてはいけない、旅を続けなくてはならない。
P6253600-1.jpg

そうだ、次の落ち着く場所を探そう。世界は意外と近いことに、もう気付いているだろう?
P1241086-2.jpg

また新しい朝がやってきたことに感謝をし、旅を続けよう。
P7253812.jpg

そばで支えてくれる人がいることに感謝をし、旅を続けよう。
P8023855j.jpg

遠くで見守ってくれる人がいることに感謝をし、旅を続けよう。
P7253828c.jpg

尽き果てぬ旅の終わりでさえまだ旅の途中であろう。後世へ継承し続けなくてはならない本質があるからだ。
P8023863h.jpg


オックスフォードMBA留学記。


またここから旅に出よう。

終わりは必ずやってくる。それは新しい始まりでもある。

別れの悲しさで涙が溢れてきたとしても、最後は笑顔で前を向いて歩き続けるんだ。

思い悩んだら思い出せばいい。

オックスフォードという街で出会った仲間の笑顔を、全ての四季の全てのシーンの全ての思い出を、そして愛する家族・親友・先輩・先生・その他多くの共鳴し合える仲間の存在を。

“正しいことを正しくするために、今も旅を続けていますか?”

50年後の自分にも問い続けなければならないことがある。

そして自分には夢がある。 そうだ、夢がある。 夢がある。 

だからこの居心地の良いオックスフォードから、今日去るのだ。 

そしてこの一歩を、これからの人生でも踏み出し続けるのだ。

オックスフォードを卒業していった数々の先輩たちのように、この生き方こそがここで学んだことなのだ。


オックスフォードMBA留学記。


そろそろ終わりがきたようです。

これからどこか旅の途中でお会いできることを楽しみにしながら、しばしのお別れです。

またどこか新しい場所に落ち着く場所を見つけたら、続きを書き始めようと思います。

ありがとうございました、みなさんのおかげです。

じゃあ、、、、、

、、、、、、、、またね。

2009年9月15日 英国オックスフォードにて Yas
スポンサーサイト
2009.09.15 Tue l 未分類 l top
夏期選択科目と最終試験結果が出ていないのでオックスフォード大学による正式な卒業ではないのですが、クラスメイトが一堂に会するのがこれで最後ということでビジネススクールによる卒業式が行われます。
(ちなみに最終試験をパスしていない場合は、ネット経由での送付が出来ないため、レポートをイギリスまでわざわざ再提出。。)

いよいよ卒業式の朝になりました。

この日が来るのは知っていたけど、実際に来るのはもう少し遠いカレンダーの日付だと思っていました。

幸運なことにビジネススクールが始まって以来、2回目のシェルドニアンシアターでの卒業式開催だそうです。(シェルドニアンシアターはオックスフォード大学のメインの式典会場で、他の学部の卒業式やイベントなどが重なりMBAが場所を確保できるのが難しいらしい。)

P9124366.jpg


P9124378.jpg

P9124364.jpg

P9124372.jpg

別れは惜しみながらも、次に会えるときのことを楽しみに卒業します。

ブログも明日で卒業です。

(全然関係ないけど、今日の夜にいったレストランで、隣のテーブルにハリソン・フォードがいました。子供の入学式か卒業式でしょうか。)

←拍手
2009.09.14 Mon l 未分類 l top
1年後、いや50年後の自分への言葉。

誰かとの比較ではなく、自分で決断をしよう。

まるで誰もみていないかのように。

昔の自分よりも進んだところに居られるように。

楽な場所へ安住して埋もれてしまわないように。

笑顔を絶やさず、マイナスの人やことには近づかず、周囲をポジティブなパワーで取り囲もう。

世界中にオックスフォードMBA仲間がいることを思い出そう。

信じたその道を突き進もう。

もうわかっているだろう?

きみにはきみの自信があり、きみにはきみの迷いがあり、そして既に迷いのない決断があるはずだ。

ぶれることのない行き先に辿り着くために。

そうだ。 人生は冒険だ。

自分を鼓舞しよう。

思いの鐘を打ち鳴らそう。

P9134392.jpg

←拍手
2009.09.13 Sun l 未分類 l top
最後の授業が終わり、最後の試験が終わりました。

終わりは必ず来ます。 誰にもどの事項にも平等に終わりは必ず来ます。

そのことを意識しながら過ごすと、とても積極的になります。

“いまさら?”ではなく、“まだ終わっていないからやれる。”

MBAも終盤にきて、深く話をしていないクラスメイトとも多く話し込むことが出来ています。

慣れた道もゆっくり眺めてみると、細工された建物や木々のきらめきを発見します。

人生と同じのようです。

住み慣れた家から引越しをするように、通いつめた学校へ明日から行かなくなるように、食べなれた中華屋の食事が思い出となるように、日常はすぐに非日常となります。

終わりは必ず来ます。 だから終わりに来たそのときに、やり残しがないようにしていくだけです。

P7133709.jpg

←拍手
2009.09.12 Sat l 未分類 l top
ミュージカルMamma Mia!の最後は、ヒロインが住み慣れた小さな街から、大きなリュックを背負い、世界へ旅立つシーンで終わる。ABBAの“I have a dream ”を歌いながら、その歌の歌詞の最後はこういっている。

“When I know the time is right, I'll cross the stream. I have a dream.
(もしタイミングが良いと思えば、私は小川(境界線)を越えていく。私には夢がある。)”

だれしもその人生の中で一つの区切りとなりまた始まりとなる大きな経験があると思う。自分にとってはこのオックスフォードMBAの1年間がまさにそうでした。

1日1日、1つ1つの課題、授業、グループワーク、全てを通して組み立てて出来上がったパズルの完成のように、経験しないとわからないものだと思います。が、誰しも経験しようと思えば経験できるものでもあります。

自分を取り巻く環境は変わります。100年に1度の経済危機、オバマ大統領の誕生、豚インフルエンザ、半世紀続いた自民党政権の崩壊、、、一方で自分を変えることも出来ます。そしてそれは自分でしか出来ない。

これからまた自分の腰が重くなり変化のモメンタムを保てなくなることがあると思います。そんなときは初心に戻り、また一歩を踏み出し、前を向いて歩き出そうと思います。そう思える限り、旅は続くと思います。

まだ20代。落ち着くにはまだまだ早いってね。

P3301535.jpg

←拍手
2009.09.11 Fri l 未分類 l top
最近よく話をする話題は“卒業後どうするの?”というものです。

多くは(感覚的には)50%がロンドンベースで仕事をすると思います。で残りはアメリカか入学前に居た国。

以下情報はEmployment Report 2008, SBS公式サイトからの引用です。(http://www.sbs.ox.ac.uk/NR/rdonlyres/11B09CBC-5EFC-435B-85CE-15836A60BF17/7434/SBS_CareersReport_2008.pdf)
---
■卒業後インダストリー内訳:
金融29%、コンサル25%、消費財9%、テクノロジー9%、NPO8%、メディア・エンターテイメント5%、エネルギー5%、他。
(c.f. 入学前)
金融25%、コンサル11%、消費財2%、テクノロジー25%、NPO3%、メディア・エンターテイメント4%、エネルギー2%、他。

■卒業後勤務地:
UK40%、北米14%、西ヨーロッパ14%、中東6%、インド5%、オセアニア5%、東南アジア5%、アフリカ3%、中国3%、日本3%、他。
(c.f. 入学前)
UK14%、北米30%、西ヨーロッパ9%、中東3%、インド17%、オセアニア3%、東南アジア10%、アフリカ3%、中国4%、日本2%、他。

■平均年収:
67,600ポンド  (c.f.入学前)42,400ポンド
---

大体感覚とあってます。てゆうか卒業後平均年収、こんなに上がるのって本当!?1ポンド160円で10,816,000円。。。“MBAは20代のうちに年収1,000万円へのパスポート”って良く聞いた話はこういうことか。ううむ、、、笑。

卒業後、どうしようかな?

P7253811.jpg

←拍手
2009.09.10 Thu l 未分類 l top
朝の風が冷たくなってきました。透き通った夜風が家路を急がせます。

祭りの後ではないですが、夏の終わりは一抹の寂寥感を残します。

P8234199.jpg

一方で秋の透明感は落ち着きを醸成し、しっかりと地に足を着けながらも遠くを見据えることの大切さをピシャリとさせます。

ユニバーシティーパークで、遠い夏空と広大な芝生を楽しんだ多くの学生たちはもう居ません。そして太陽は沈みかけ夕日が芝生を照らします。

P9054286.jpg

さて家に帰りましょう。

←拍手
2009.09.09 Wed l 未分類 l top
新しい部屋に移動して嬉しいことのひとつに、ラベンダーの香りが窓から吹き込んでくることがあります。近くの家の庭にラベンダーを育てているのでしょうか、とても落ち着きます。涼しいところでは育てることができるのでしょうか、見るだけでなく嗅覚でも楽しめる植物です。いつかラベンダーのある芝生の庭の家に住んでみたいです。

窓から見ていると、今秋からの学生たちが次々にやってくる光景を見ることが出来ます。車2台で親に荷物を運んでもらう学生やタクシーでカレッジに到着する学生、街でも引越しの車を見かけます。

P8234194.jpg

毎年9月になるとこのような光景が繰り広げられてきたのでしょう。住み慣れた場所を引き渡し、新しい学生たちがここで活躍するのですね。会社も政治も同じでしょう。引き際は潔く。関わりたければ異なる関わり方があるはずです。そして世界にはもっと楽しいことがあるかもしれません。そうです、旅に出るのです。

夜になると周りが暗く空気が澄んでいるため、星がとてもきれいにしかもたくさん見ることが出来ます。月の明かりは、こんなにも力強く明るいのかと初めて思いました。本当に道を月明かりが照らします。

また戻ってきたい場所が世界に出来たことに感謝をし、帰国の荷造りを始めます。ラベンダーの香りを次に嗅ぐとき、きっとこの窓からの光景を思い出すでしょう。

P9074284.jpg


-みなさんと歩いてきたブログ終了まであと7日。-


←拍手
2009.09.08 Tue l 未分類 l top
Capstoneセミナーが明日朝10時から夕方5時まで3日連続開催されます。capをstoneでするというイメージでしょうか。MBAのシメのようなものです。

内容は、、、
Resilience & Wicked Problems
Pandemic Scenario
Leadership in crisis
Futures Thinking – Forecasts and Planning
Governments in Crisis
Interconnectedness
Strategy Fit for Purpose

21世紀を取り巻く未知の社会環境が引き起こす外部環境の変化に対して、ビジネスリーダーとしてどのように対応すべきか、またどのように想定し戦略を構築すべきか、といったところでしょうか。これを3日間も、しかもグループワーク4回も、やるというところがオックスフォードMBAらしいところです。(もう解放してくれ?ってね。)

この3日間のコースが終わる3日目の夜にケーススタディーが配布され、そのケースについての論述試験が翌日朝から行われます。3日目の夜はみんなで集まって作戦会議ですね。
(あとなぜか昨日の夢でケースが配られる夢を見たので、そのケースが実際に当たるかどうか勝手に楽しみにしています。)

最後の授業の始まりです。

P3191490.jpg

←拍手
2009.09.07 Mon l 未分類 l top
ビスタビレッジ。
P8234204.jpg

御殿場アウトレットのような雰囲気でとてもリラックスな場所でした。しばしのお別れ、また来るね。

そしてやっぱりなんといってもロンドン。
P9034264.jpg

行ったことがなかったケンジントン宮殿に行ってみます。
P9034240.jpg

ここはダイアナさんが住んでいたところで、今でも彼女の人気の高さがゲートで見受けられます。“We miss you”の横断幕もありました。(日本ならこういうものは片付けてしまいそうですが)
P9034220.jpg
ダイアナさんのドレス展示、皇室の人ではかつてないきらびやかさを有する方だったのではないでしょうか。
P9034222.jpg
この天井絵画、素晴らしすぎます。
P9034234.jpg

Tokyo Dinerともしばしのお別れです。
P9034243.jpg
よく行ったお得な飲茶屋さん、これで12ポンド。一人で食べられず持ち帰ることに。
P9034247.jpg

“パワースポット”コヴェント・ガーデン。
P9034250.jpg
ここのフローズンヨーグルトが美味しかったなぁ。
P9034251.jpg

ロンドンの地下鉄ともしばしのお別れ。
P9034242.jpg
話は変わりますがロンドンではウイークデーの毎夕、帰宅時間を狙ってフリーペーパーが配布されます。これ40ページくらいある夕刊のようなもので、確固たる地位を獲得しています。これをみながらオックスフォードまでの電車に乗ることも、しばらくないでしょう。
P9044284.jpg

ロンドンの起点、ピカデリーサーカスともしばしのお別れ。
P9034258.jpg

じゃあね?ビッグベン!
P9034272.jpg

お?虹が顔を出してくれました。(観覧車のふもとあたり)
P9034280.jpg

フォートナム&メイソンに着きました。もう店内ではクリスマスが始まっていました。そろそろ日本に帰らなければなりません。
P9044283.jpg

またくればいいね。

←拍手
2009.09.06 Sun l 未分類 l top
よく小さな紙に直近のスケジュールを書くのですが、今日書いてみたら、小さな紙にイギリス最終日が収まるようになっていました。

日本に帰る事はすごく楽しみです。大好きな家族や友達に会いやすいからです。

きっと生育環境という側面はありますが、“家族がいる場所= home” なんだと思います。

そしてそこは落ち着く場所なんでしょう。

落ち着いてもいいけれど、落ち着きすぎて今の心意気を忘れないように、自律で、自分のことは自分で律するのが自分ということで、いければと思います。

P8224200.jpg

←拍手
2009.09.05 Sat l 未分類 l top
Jリーグが土曜の午後2時くらいからキックオフで中学・高校生のときはその緩い時間が大好きでした。親父とサッカーを観に行ったりもしたものです。

今日は仲良いクラスメイトとロンドンにあるイングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーの試合を観てきました。こちらでサッカー観戦はしたことがなく、ライブエンターテイメントとしてスポーツビジネスは熱狂的なファンをかかえているので、その観点からもとても楽しみです。

しかも気付かなかったのですがロンドンのめちゃくちゃ中心部にスタジアムがあったんですね。東京の国立みたいなもんだ。

P8294233.jpg

P8294246.jpg

P8294251.jpg

結果は3?0で応援していたチームが勝ちました。いいですね、こんな土曜日の午後。

←拍手
2009.09.02 Wed l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。