上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
上着を脱ぎ捨てた。

その下には、ミッキーマウスのTシャツ。 はじまりの笑いはとれた。

自家製のミッキー差し棒を携え、教壇に立つ。

拍手が起こる。目の前には80名のMBA学生。自分を凝視している。

30分間のプレゼン。自分なりのフィロソフィーをぶつける。自分をさらけ出して勝負に出た。

“僕たちはビジネスを通して何を達成したいのか?今日がそれを考えるきっかけになれば嬉しい。”

ビジネスの手段と目的は何か?
会社は誰のために? MBAは何のために? 僕たちはどこへ?

自分の思いをMBAの学友にぶつけ続ける。質問が飛び交う。

みんな真剣。 自分も真剣。 ミッキーの差し棒が途中で壊れた。 笑いがとれた。

嬉しい結果が待っていた。

22個も質問が来た。最後の質問で挙手した学生は、こう言ってくれた。

“みんな、ヤスに感謝を忘れていないか?” 大きな拍手が教室を包んだ。

右、左、正面。 ミュージカルでもないのに、深々と三方面に日本人らしくおじきをして応えた。

疲れ果てた。 “よくやった!”と堅い握手で、プレゼン者に自分を選んでくれた教授に褒めていただいた。 けど疲れ果てた。 
高尾山に登ったよりも疲れ果てた。 けど笑いはとれた。よくやった。
MBAに来てやっと初めて自分を褒めてもいいよね、と思える30分だった。

来る前、会社の大大先輩と約束したこと。
“国境や人種は関係なく、人類共通の一番大切なことがどこまでオックスフォードのMBAに通じるかぶつけてきなさい。幸せについて、想像と創造について、ビジネスについて、若者同士、共に深く考えてきなさい。”

約束は果たせたのか。少しだけホッとしてベットに横になったら、いつの間にか寝てしまっていた。
夢を見た。
会社の大大先輩の部屋に自分がいた。海のように深い笑顔でにっこりと、草原のように大きなハグをしてくれた。
嬉しかった。

時計をみた。もう朝の6時半だった。霧が立ち込めるまだ暗い外を眺めながら、起き上がった。
また新しい一日が始まろうとしている。

PA290683.jpg
スポンサーサイト
2008.11.27 Thu l 未分類 l top
ますますカレッジ制度を有するオックスフォードMBAの特徴が強まります。

自分のカレッジである、St Edmund Hallの晩餐会へ出席しました。
年に一度、所属する学生から先生までが一同に会するイベントです。
人生初の黒蝶ネクタイにガウンという服装。 まだまだ知らない深い世界が世の中あります。

PB160969.jpg

今日感じたのは、コミュニティーという関係性です。基本的に学部生はカレッジでその学生生活の大半を過ごすことになります。
食事、洗濯、勉学、運動、睡眠と、一つのコミュニティーの中で全てが完結する仕組みであり、そのようなコミュニティーが約40個集まったものを、オックスフォード大学と呼ぶのです。

そして最近気づいたのですが、どのカレッジも門や高い壁にある小さな入り口から内部に入り、そこをくぐるとその先には中庭を囲むようにして建物が建っています。そしてその空間はとても穏やかで守られている雰囲気があり、なかなかまた外に出たくなくなる建築デザインなのです。

この構図どこかで見た気がしませんか?      そうです、ディズニーランドです。そして他にも、、、

-トンネルを抜けるとそこは雪国
-となりのトトロが寝ていたのは、草のトンネルをぬけた先にある大木の懐
-千と千尋の神隠し
-アリスが白ウサギ追いかけて通った穴。その先には不思議の国
-洋服がかかった古びたタンスの奥にあるナルニア王国
-茶室

目に見えないものが世界を支配しています。流されないよう、しっかり目を見開いておかなければ。
2008.11.23 Sun l 未分類 l top
うわ?つぶされる?!

P1010028.jpg

ロンドンのアートセンターで面白い展示をやっています。

ただの投影機が10台、スクリーンが10個並んでいるだけの展示なのですが、
なぜか通りがかった人々が自分たちで遊び始めるのです。(そういう自分も30分ほど遊んでしまいました。)

誰かのクリエイティブを観て楽しむ側から、自分がその一部となることの喜び。
経験経済の幸福から、自らが変わり始める変身経済の領域へ。
お金がかからないけど、満足度は高い。そんなエンターテイメントが出現し始めているかもしれません。

2008.11.22 Sat l 未分類 l top
隙間時間で、伝説タイトルの最新作、ハイスクールミュージカル3を映画館で観てきました。

シニアイヤーということで高校卒業、それぞれの進路みたいなわけですが、面白かったのがスタンフォードとジュリアードの名前が頻繁に登場すること。そして実際にスタンフォード構内を歩く登場人物の映像まで出てきます。(オックスフォードはそこまで柔軟に対応できるかな)

イギリスでは(日本以外では)ハイスクールミュージカルが一大現象になっています。
それゆえ、このようなケーキまであります。

PB050799.jpg

MBA友達の誕生日に学校のカフェテリアでサプライズバースデーを開催したときに買ったケーキ。
画像がチョコかなにかに印刷されていて海外っぽいケーキですが、意外と美味しかったです。
2008.11.21 Fri l 未分類 l top
敬愛する大先輩がご丁寧にプレゼントを送ってくれたのです

PB180979.jpg

きゃ?、貴重なので少しずつ頂きます。超嬉しい!

そして、ロンドンで仕事があったお二人組がご足労にもオックスフォードを訪れてくれました!!!
こーゆーのは本当にHAPPYです、頭が上がりません。有言実行な感じがまじで嬉しかったです。
滞在時間は数時間でしたが、ニコニコな数時間でした。

もう11月も下旬です。家の入り口もクリスマスになりました。

PB211054-1.jpg
(↑ありがとうございます)
2008.11.20 Thu l 未分類 l top
単なる会計の講義ではありません。

クリティカルにものをみること、そのクリティカルさの基準は一つの国や地域のものではなく世界基準でないと意味をなさないこと、その判断の影響力を鑑みて真剣に本質を考えること、自分が絶対だと思うこと無かれ・異なる捉え方を容認できるgenerousさを持つこと。
多くのMBA卒業生が世界にはいるけど、会計の背後にあるものを深く考えないとエンロンのようなことを平気でしてしまう“creativity”だけを身につけてしまうということ。

オックスフォードMBAで長年教鞭を取っていらっしゃる日本人先生による会計の授業は、どこの研修でも感じることができなかったaccountINGのフィロソフィーを毎週繰り広げてくれます。もうズバズバと斬り込んできます。

2回の授業でdeferred taxやgoodwill、3回目でmarket valueの深い議論が出来るまでに仕立て上げるのはさすがです。そして、何事も簡単に受け止めるな、一度自分で租借して判断して、自分の結論を”、という一貫した態度には、もうクラクラです。恐れ入りました。

先週の講義は鳥肌が立ちました。会計で鳥肌が立つなんて自分でも不思議ですが(笑)、やはりクラスの最後に拍手が起きます。

一つの科目の先生として以上に、また新しい敬愛すべきお方と出会うことが出来ました。

PA290682.jpg

800年の伝統と50カ国から学生が集まりドミナントな存在が形成されにくいインターナショナルなオックスフォードMBAには、流行のビジネス方式を懐疑的に見て本質でお話が出来る懐の深さがあります。

これは、朝起きてから夜寝るまで毎日を過ごして、この街の空気に触れて感じることです。
そしてends & means(目的と手段) をしっかり判別出来ています、これは本当に世界中で最先端だと感じます。クランチでさらにフォーカスが当たっているからかもしれませんが。

本気の吸収モードに自分をセットして喰らいついていこうと、一度の人生の中で今この日々は、本当にとんでもなく恵まれていると、授業中にふと思いました。眠いとか忙しいとか自転車のチェーンが外れたとか食堂のおばちゃんが無愛想だとか、そんなくだらないこと言ってる場合じゃなかったんです笑。
2008.11.19 Wed l 未分類 l top
MBA合格までのプロセスをとご依頼を受けましたので笑、今後、MBAという選択肢について書きます。

合格まで2年計画がいいと思います。

■合格に必要なもの
【書類パッケージ】
・職務経験(3年以上が通常。ビジネススクールなので)
・GMATスコア(650以上が望ましいらしい。5年有効)
・TOEFLスコア(これは明確に出ている。ibt100、pbt600以上。2年有効)
・推薦状
・エッセイ(career goal/why this school?/who are you?/みたいなやつ)
・CV(経歴書)

【インタビュー】
・書類通過後、alumniまたはadmissionまたは教授と面接。
・場所は日本または現地

■学校選択
米英でこんなところであればカリキュラムみてもどの学校でも満足な経験は出来ると思った。
(キャンパスビジットはせず。でもしてたらエッセイネタの差別ポイントになるとも思う。)
アメリカ:ハーバード、スタンフォード、コロンビア、ウォートン、ケロッグ、UCLA、UCバークレー
イギリス:ケンブリッジ、LBS、オックスフォード

・住むならイギリスか西海岸がいいと思いこの6校を受験。
スタンフォード、UCLA、UCバークレー、ケンブリッジ、LBS、オックスフォード

PB150962.jpg

最近、スペインやフランスのMBAも人気が出ているようですが、MBAに追加してフランス語、スペイン語を習得なんて自分には絶対出来ないと思い、アメリカ、イギリスにしました。

-----
ところが、いつかMBAいくぞと野望のようには思っていましたがなかなか本気モードには入っていませんでした。憧れの学校に資料請求をして机に飾ってみたりとイメージが膨らむ一方で、まるで動き出していませんでした。
実際の日常ベースでよしやろう!と決めたのは2006年8月でした。きっかけは親友に誘われて行ったMBA合同説明会のようなものでした。(ちなみに彼は1年先に無事合格し、今スタンフォードMBA2年目です)

そこには海外30校以上からMBAアドミッションが集まっており、会場に来ている多国籍な感じの志願者たちの顔は真剣で、フラフラ友達についてきた自分のゆるさにピシャリときました。

大手町からの帰りの東西線の中で、夏の夜の一杯帰りのおじさんたちのにおいに揺られながら、ちょうど電車が江戸川を渡っているときにふと思いました。このままじゃいけない。時間はたった今でも過ぎ去っている。”
その週末、実家に帰りました。

玄関から入るなり、そのまま2階の自分の部屋へ向かいました。

大学受験時代の英単語本を探し出し、赤ボールペンを握りながら薄汚れたページをめくり始めました。

窓の外ではセミがなく蒸し暑い夏の週末に、自分は受験生に戻りました。 (続く)
2008.11.16 Sun l 未分類 l top
暗い。

PB150939.jpg

緯度が高いのでイギリスは午後4時半でこんなに暗いです。12月、1月くらいはもう少し早い時間から暗くなるようです。朝も同様で9時くらいでも、まだ夜が明けないらしいです。

メキシコ暖流が大西洋から流れておりその影響で気温は寒くないですし、雪も年に数回らしいのですが、この暗さはちょっとウケます。授業終わるともう外は真っ暗。そんなに勉強していないのにあ?今日も勉強した!”という気にさせてくれます笑。

試験日程が発表されました。
来月12日から1週間、1日1科目?2科目のテストがあります。もちろん、サブファスクと呼ばれる服装で試験を受けるようです。GMATぶりの試験に緊張。まだだけどね。
2008.11.15 Sat l 未分類 l top
自分は1年で帰ってしまうわけですが、オックスフォードに暮らす人たちはここが日常なんだよね。

少し歩いてカレッジに入れば、こんなに美しいステンドグラスがある教会に出会えます。

PB090848.jpg
(↑うちの母親好きそう。)

大通りから一本路地へ入ると、もう中世の世界に迷い込んだかのような錯覚に陥ります。

PB090852.jpg

短期でみれば、ここに巨大ショッピングセンターが出来て人が集まって、、、という具合に行政は考えるのでしょうが、そうはなりません。
長期でみればサステイナブルとは何か?という問いを突きつけられれば、この写真が答えなんだと思います。
結局、多大なる学生や観光客が集まって商業が盛んになり、一つのパワースポットになっています。

判断をする際に、コントール欲や顕示欲などのエゴを超越した合意形成が必要だと、オックスフォードの路地を歩いてふと思いました。
2008.11.13 Thu l 未分類 l top
早い。

もう来年のMBA受験生がオープンキャンパスに来始めました。

MBA受験は4つのラウンドに分かれています。
(?10月出願→12月面接→合格、?1月出願→3月面接、??は日本はあまり受けないです。)
早く出せば合格率は高いと言われています。学校も席を早く埋めたいので。

次年はどこの学校もとにかく競争率が高いようです。
この金融クライシスでひとまず学校で勉強してというのが一般的な考えなようです。

PB090838.jpg

どのような学生を取るのでしょうか?学校の判断が見ものです。
2008.11.13 Thu l 未分類 l top
毎日午前200分or午後200分、または一日ぶっ通しで2コマの授業に出ます。
234名が3つのクラスに分かれるので、1クラス70人くらいです。

自分の名前が書かれたプレートを座席の前に立てかけて、これはもう戦いです。

教室の写真。
先生は生徒と対話をしながら授業を進めます。もちろん講義資料は全部イントラネットで閲覧可能ですし、古びた教科書のフレームワークではなく、常に業界最前線の情報をどんどんインプットしていきます。
PB040794-1.jpg

こちらで生活してもうすぐ3ヶ月。物怖じしないというか、このクラスに世界49カ国から集まってきていると思うと、ここで出来ればなんとでもなる!と思えるようになりました。
もう世界の一番先端で引っ張ってきている人がたくさんいて、“社長の子息”だったらタイ最大企業200社集団の家族経営御曹司、“TV制会社経営者”であればエミー賞候補に3年連続でなっている会社、“スポーツアスリート”であれば北京オリンピックメダリスト、“社会起業家”なら去年の英国社会起業家大賞受賞者なのです。
(と考えると自分が貢献できているか大変不安ですが笑)

ここを自分の基準にすれば、胸を張って正しいことを正しくできるのではないかと思えるようになりました。
実は今まで正しい”の基準が曖昧だった気がしていたので。

(なんて真面目っぽいこといいながら、図書館でこっそり友達に写真撮ってもらいました、ヒヒッ!)
PB100877.jpg

やっぱり日本は程よい”距離を置き過ぎな感じがします。
BBCで日本のニュースは滅多に観ませんし、もう引退した国のように捉えられています。

言葉で表現するのは難しいのですが、確実に既存の枠組みが崩壊しました。
かといって芯の部分はまるで揺らがないどころか、逆にオックスフォードMBAで強められています。
(それはsocial entreに代表される、“Buiness for what? Profit for what? Me, for what?”の部分です)

世界中に仲間が出来ています。みんなYou should come to my home, right?”と言います。
きっと本当に彼/彼女らも東京へ遊びに来るんだと思います。
(ここの人たちは、距離なんてひょいっと飛び越えて行動してしまうのです、これは驚きます。)

いつも彼/彼女たちに見られていると思うと気が抜けません。ピシャリです。
20代でこんなにドラマティックな経験をさせて頂き、感謝です。ご両親、ありがとうございます。
そして日々ありがとうございmimiます。
2008.11.12 Wed l 未分類 l top
オックスフォード大学は40個弱のカレッジから成り立っています。

今日は異なるカレッジ(クイーンズカレッジ)に所属する友人からご招待を受け、High Table(ディナー)に行ってきました。

面白いのことに、undergraduate(学部生), graduate(院生、博士課程), fellow(教授など)と3つにテーブルが別れていて、料理メニューが異なるのです。なんという階級社会。学部生にデザートは出ません。
そして食事の開始・終了もfellowがテーブルをフォークで数度叩き、注目を集めさせ、なんか言って(笑)、やっと我々も行動できるといった形式です。

PB110897.jpg

PB110896.jpg

オックスフォードに居るからには一度、このようなものに出てみたかったので大変光栄でした。
隣の人は自分の家族を招待していたので、ゲストの制限はあまりなさそうです。
2008.11.12 Wed l 未分類 l top
“まあまあまあまあ”

ということで議論白熱の多国籍グループワークの仲裁をするのはやはり日本人。

いつも意見がぶつかり合うのですが、前回はその結果一人がシュンとしてしまいそのまま終了。
ということで両者それぞれの言い分を別々のご飯に誘って聞いてみました。

まあ言いたいことはわかるのですが、最後はassignmentを出してスコア出すという共通のゴールがあるので、そこでbundleしてなんとか今日もグループワークを開くことが出来ました。(意外と日本人のmoderateさは役に立ちます)。

PB120905.jpg

授業もそうですが、この6人一組のstudy groupはMBAの醍醐味といえば醍醐味です。
日本人だけのミーティングはある程度共通の基盤を前提にチーム活動が出来ますが、ここは本当に容赦ないです。
“あなたの言っていることが理解できない。” “私は完全にdisagreeです。”って普通に言います。
だから真剣に用意してlogicalに意見を言えるよう心掛けています。(まだまだですが。。。)

PB070819.jpg

それにしても今日は空が透き通っています。天高い秋の空です。
今日も自転車をこいで家に帰ります。
2008.11.11 Tue l 未分類 l top
すっかり秋が深まってきました。

庭のリスたちも最近あまり姿を見ません(もう冬眠しちゃったかな)。

今日は日曜日で比較的落ち着いています。
年末の旅行の予定を立てたり(ギリシアに3泊、年越しはパリで7泊しようかと思っています。なんせポンドが弱くてパリの年末?年始7泊・ユーロスター付で1人13万円と安いのです!)、観光客溢れる街をゆっくり歩いてみたり、カフェでケーススタディーを読んだりとオックスフォードの秋を五感で感じています。

PB070816.jpg

といいながらも、明日までに通信会社ケース1つ、関連教科書30ページ、明後日のグループミーティングまでに医薬品会社ケース2つ、関連教科書60ページ、China LifeI nsuranceのアニュアルレポート1つ、製造業界レポート1つ、3日後までにMicrosoftのケース、、、、、と毎日締め切りに食らいついてという感じで、自分の答えを日々用意しなければならないのですが。(ブログ書いてる余裕があるからきっと大丈夫なはずです笑)

去年の秋はアプリケーション出してインタビュー待ちしていたなぁ。
来年の秋はどこで何をしているんだろう。自分の意思で次の秋も決めていきたい。
2008.11.09 Sun l 未分類 l top
なんだかこーゆーのを海外にいるときに知ると、とても客観的に考えることができます。
(クリスピークリームドーナツもそうですが)

------
H&Mが快進撃、今も最大1時間半待ち
10月28日10時0分配信

世界32か国で約1600店舗を展開しているファッションブランド・H&Mが日本に上陸して約1か月半。同社に対する消費者の関心は依然として高く、国内1号店である銀座店は、現在でも最大1時間半待ちになる日があるという。その熱狂ぶりをさらに加速させそうなのが、11月8日にオープンする原宿店だ。日本初登場となるラインが登場するほか、同日に限定コラボレーションラインが発売されることもあり、消費者は熱い視線を注いでいる。
------

H&Mなんて日本で言ったらダイエーの洋服みたいなもので(だよね、あっち?)、それが海外から来ただけで飛びついてくる日本マーケットって、彼らからみたらウハウハなんだと思います。
(そして銀座には初出店でブランドイメージを受け付ける作戦。みんなスタバと同じ)

もっと海外航空券も安くなって、休日も取り易くなって、世界と触れ合う機会が日常的になって、世界が近くなって、日本が国際化を本気で考え始めたら、無抵抗に狂喜乱舞するのではなく、しっかり見極めて、胸を張って勝負できるのにと思います。

まあそれぞれの国が持つ見えないパワー(ブランド)と言ってしまえばそれまでなのですが、なんだかこのてのニュースを素直に咀嚼できないのです。
とかいって日本にいたら並んでいたかもしれませんが笑。
2008.11.08 Sat l 未分類 l top
なんとDecision Scinceで我がチーム(3名)、学年最高得点:)しかも戦略のアサインメントも学年2位タイ。

もうこのまま帰ってもいいやと思ってしまいました。
(というのは冗談ですが、なんだかとても嬉しいです。)

しかしながら面白いことにその点数、70点。
オックスフォードの点数付けは厳しいようで、60点取れば喜んでいいみたいです。

それにしても最近急激にやることが増加して、毎晩2時?3時就寝です(←絵文字が使える!!)
自分では楽しんでやっているつもりなのでまったく心身ともに健康なのですが、そんなときはやはりレッドブルです(←お?絵文字だ!)

PA120810-1.jpg

今日はファイナンスの先生も授業中にレッドブルを飲んでいて、親近感が沸きました。
“レッドブル飲んでいるからエネルギーついて、早口で説明してごめんね”って言ってました笑。

でもユンケルには到底勝てません。ユンケルとリポDが大好きです。
2008.11.07 Fri l 未分類 l top
なんかイギリスって面白いです。

今まではアメリカの大統領選挙にあまり関心がないようなTV状況だったのに、
ここ3日間くらいで急にグッと伸びてきて今は生中継で選挙速報番組やっています。

PB050805.jpg

面白いのは、“俺たちこーゆー政権交代、長年みてきてるんだよね?”って感じで、
なんだか泰然自若と見守っているイギリスの雰囲気がとても面白いのです。
4年後にまた選挙あるでしょ?オックスフォードは800年だよ、みたいな。

とか表面で言いながら、一方では実は誰が大統領になるか気になってしょうがない感じ。
だから3日前くらいから我慢できなくなって、大統領誰になる番組を流してるように思うのです笑。

授業でもそうです。
2週間前までは全く話にも出なかったのに、月曜・火曜の授業はオバマのスライドから始まりました。オバマの選挙戦略はどうだ?とかマーケティングは上手か?とか。
(クラスの80%くらいはオバマ派でした。誰かが逆の意見を言うとブーイングが起きたりします。)
とにかく意見があったら表明しまくりますね、みなさん。

今日はきっと、moment of historyな日です。
さっきマーチン・ルーサー・キングジュニアの娘がTVに出ていました。
アメリカって懐深いってゆうか日本じゃまだまだありえないことを平気で通せる感じがします。
(ときどき変な正義もありますが)
どちらにしろ世界に与える影響も大きいと思いますし、少しでも正しいことを正しくできる世界になるといいです。そして交渉上手に賢く戦争を回避できるといいと思います。

今イギリスは午前3時。大勢も判明したし、明日のケーススタディーも用意できたので寝ます。
それにしてもMBA中に金融クライシスが起きたりアメリカ大統領がすごいことになったりとイベント盛りだくさんです。
(自分自身イベントは自転車のチェーンが外れたり、温風器が壊れたりとそのくらいなのですが)
2008.11.05 Wed l 未分類 l top
オックスフォードから北へ1時間。

イギリスの宝石箱と呼ばれるコッツウォルズに着きます。
大変優しくして頂いているご家族に連れて行って頂きました。

PA110771.jpg

小さな街が点在するコッツウォルズ。
小川が中心を流れ、とても爽やかな雰囲気を醸成しています。

PA110783.jpg

マナーハウスでご馳走になってしまいました。
イギリスの綺麗な邸宅のガーデンで頂く食事は、とても思い出深いものとなりました。

PA110791.jpg
2008.11.02 Sun l 未分類 l top
朝起きて窓を開ければ、イギリスのとても美しい風景を目にすることができる。

家の扉をしめて自転車に乗れば、オックスフォードの荘厳な街並みを日常として感じられる。

教室に入れば自分の居場所があり、気軽に仲間が声を掛けてくれる。

ネルソン・マンデラ・レクチャー・シアターでは、世界の著名企業トップから毎週のように直接話を聞ける。

オックスフォードの名に守られ学生という立場になって、あらゆるリソースへの垣根がとても低くなっている。

絶対出会えないような人と、普通にお酒を飲み、握手をし、冗談を言い合い、笑顔でまた会うことができる。

ロンドンへ90分、パリまで3時間。好奇心を満たす最高の環境が日常の中に平然と存在している。

一生もののお友達と、一生ものの自分変革の経験。貴重すぎる毎日。

いま、自分の安全範囲から、自分の意思で、外に出続けないと、一生後悔すると思う。

来る前まではここまでとは思ってもいなかった。

もう11月。時間が惜しい。
2008.11.01 Sat l 未分類 l top
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。